HOME > よくある質問(FL-PR5について 【実用編】)

よくある質問

特定領域にデータを書込みたい

ブロックモードを選択し、ブロックNoまたはアドレス範囲を指定してください。
※「ダウンロード前にクリアする」が設定されていると無効になります。
データを上書きしたい場合は下記の手順が必要です。
 1.チップモードでHEXファイルをダウンロード
 2.プログラムを書込み
 3.ブロックモードで上書きしたいデータの領域を指定して書き込む

R8C KITを使用していて、同じマイコンをFL-PR5(標準パラメータを使用)マイコンに使用したらチェックサムが異なっていますが?

同じR8CファミリのマイコンでもR8C KIT (Ver.A2)と通常のFL-PR5(Ver.D18以降)とでは、チェックサム計算方式(CRC32)の結果が異なります。

動作がおかしいのですが、原因はプログラムでしょうか、それとも本体でしょうか?

動作がおかしい場合は自己診断機能で原因の切り分けを行ってください。

 <自己診断機能>
  FL-PR5ユーザーズマニュアル 
   第4章 プログラミングGUIの使用方法
    4.3.2 [プログラマ(P)]メニュー
     (6)[自己診断(T)…]コマンド

  コマンドを実行し、「正常」の結果が得られなかった場合は故障の可能性が高いです。
  ご購入店に修理のご相談をしてください。

その他のトラブルへの対処法は?

FL-PR5ユーザーズマニュアル
第10章「トラブル対処法」をご参照ください。
それでも解決できない場合は、こちらよりお問い合わせください。



一覧に戻る

▲このページの上部へ戻る

株式会社内藤電誠町田製作所 システム機器事業部 TEL:042-796-8753
お問い合わせ&資料請求