HOME > よくある質問(フラッシュメモリプログラマ(FL-PR6/FL-PR5)、フラッシュマイコン書込みアダプタ(FAシリーズ)について)

よくある質問

高価なプログラマを購入しないで、フラッシュ・メモリにプログラミングをする方法はありませんか。
オンボード書き込みならできますか。

書き込み制御が対象デバイスによって異なり、容易にはできないため、専用のプログラマやプログラミング機能付きオンチップ・デバッグ・エミュレータのご利用をお勧めします。これは、オンボード書き込みでも同様です。また、マイコンのセルフプログラミング機能では、その機能を実現するための最初の書き込みにプログラマが必要となるので、やはりプログラマが不可欠です。

フラッシュ書き込みツールをマイコンに接続すると、以前書き込んだデータが消去されてしまいます。

RXファミリのIDコードプロテクト機能により消去を行うマイコンの場合、IDコードプロテクトが「有効」に設定されているか確認してください。 設定が「無効」の状態でコマンド実行した場合、フラッシュ書き込みツールとの接続時にROM(コード格納用フラッシュメモリ)およびデータフラッシュ(データ格納用フラッシュメモリ)の全ブロックが消去またはイレーズレディ状態になるため、コマンド実行後にご質問の現象が発生する可能性があります。
書き込みツール接続時に全ブロック消去またはイレーズレディ状態にしたくない場合は、あらかじめRXマイコンのIDコードプロテクトを「有効」に設定し、フラッシュ書き込みツールにIDコードを正しく設定の上、コマンド実行してください。
RXマイコンのIDコードプロクトの詳細は、対象デバイスの「ユーザーズマニュアル ハードウェア編」をご参照ください。また、フラッシュ書き込みツールによるIDコード照合については、ご使用のフラッシュ書き込みツールのユーザーズマニュアルをご参照ください。
・FL-PR6のユーザーズマニュアルはこちら
・FL-PR5のユーザーズマニュアルはこちら

RL78マイコンで、次のフラッシュ書き込みツールでコードフラッシュメモリに書き込んだデータを第三者による書き換えから保護するためには、オンチップ・デバッグ・セキュリティIDを設定すればよいですか?

いいえ、オンチップ・デバッグ・セキュリティIDはオンチップデバッグ時のみ有効な機能です。
フラッシュ・メモリ・プログラミング・モード時の書き換えを禁止するためには、セキュリティ機能による書き込み禁止やブロック消去禁止のセキュリティ設定を行っていただくことが必要です。
セキュリティ機能の詳細は、対象デバイスの「ユーザーズマニュアル ハードウェア編」をご参照ください。また、セキュリティ設定の方法は、ご使用のフラッシュ書き込みツールのユーザーズマニュアルをご参照ください。
・FL-PR6のユーザーズマニュアルはこちら
・FL-PR5のユーザーズマニュアルはこちら

フラッシュプログラマFL-PR6/FL-PR5付属のターゲットケーブル仕様について教えてください。

FL-PR6は16ピンタイプのターゲットケーブルが付属されています。
※16ピンタイプのターゲットケーブルは別売り。
FL-PR5は14ピンタイプと16ピンタイプのターゲットケーブルが付属されています。
仕様の詳細は、ユーザーズマニュアルをご参照ください。
・FL-PR6のユーザーズマニュアルはこちら
・FL-PR5のユーザーズマニュアルはこちら

フラッシュプログラマFL-PR6またはFL-PR5を購入した場合、使用時に必要なソフトウェアも同梱されていますか?

FL-PR6/FL-PR5使用時に必要となるソフトウェア(以下)は同梱されていません。弊社のWebサイトから入手してください。
•プログラミングGUI(USBドライバ含む)
•【FL-PR6の時】
 FL-PR6用パラメータファイル(PR5ファイル)**使用デバイスにより異なります。
 パラメーターファイルはGUIのインストールフォルダに展開されます。
•【FL-PR5の時】
 FL-PR5用パラメータファイル(PR5ファイル)**使用デバイスにより異なります。
 FL-PR5同等品であるルネサス製品のWEBサイトをご参照ください。
 https://www.renesas.com/jp/ja/products/software-tools/tools/programmer/pg-fp5.html

フラッシュプログラマFL-PR5において、次のエラーが発生します。考えられる原因は何でしょうか?
「I2208 設定ファイルが十分でない,またはFP5 と一致していません。デバイスセットアップが必要です。」

このエラーは、FL-PR5本体に保存した設定ファイル(ESFファイル)とプログラミングGUI(INIファイル)に保存された情報が一致していないことを示します。
プログラミングGUIの初回起動時には必ずこのエラーが発生しますが、その他の原因としては、以下が考えられます。
 ・有効なプログラミングエリアがクリアされている場合
 ・設定ファイルのデータが壊れている場合
 ・設定ファイルを保存したPCとは異なる他のPCと接続した場合
本エラーが発生した場合は、エラーダイアログのOKボタンを押し、デバイスセットアップダイアログにて正しい設定ファイルを選択、もしくは再度作成してください。

RL78マイコンのフラッシュ・メモリで、セキュリティ設定の「書き込み禁止」および「フラッシュ・シールド・ウィンドウ」を解除する方法

「書き込み禁止」および「フラッシュ・シールド・ウィンドウ」の設定を解除するためには、Security Releaseコマンドの実行が必要です。
Security Releaseコマンドは、フラッシュ書き込みツールの [動作モード] を [チップ] に設定し、[消去] を実行することにより実行されます。

エラーコードの発生原因と対処方法

各フラッシュ書き込みツールのユーザーズマニュアルを参照ください。
・FL-PR6のユーザーズマニュアルはこちら
  10.トラブル対処法付録 A メッセージ
・FL-PR5のユーザーズマニュアル共通編はこちら
  10.トラブル対処法付録 A メッセージ

フラッシュメモリデータの部分的書き換えとデータ保持

フラッシュメモリの部分書き換えを行う場合、書き換え対象範囲をフラッシュ書き込みツールに設定後、書き換えのためのコマンド(消去コマンド、書き込みコマンドなど)を実行します。
書き換えの対象範囲の設定方法は、対象マイコンおよび使用するフラッシュ書き込みツールによって異なります。
また、RXファミリのIDコードプロテクト機能により消去を行うマイコンの場合、本機能を「有効」に設定後、書き換えを実行してください。
設定が「無効」の状態で書き換えを実行した場合、フラッシュ書き込みツールとの接続時にROM(コード格納用フラッシュメモリ)およびデータフラッシュ(データ格納用フラッシュメモリ)
の全ブロックが消去またはイレーズレディ状態になり、書き換え対象範囲以外のデータの保持ができません。
以下、フラッシュメモリ部分書き換え時の対象範囲設定方法(概要)です。詳細は、ご使用のフラッシュ書き込みツールのユーザーズマニュアルをご参照ください。
・FL-PR6のユーザーズマニュアルはこちら
  4.3 [セットアップ] ダイアログボックス
・FL-PR5のユーザーズマニュアル各種マイコン編はこちら
  1.3.3 [デバイス(D)] メニューのセットアップの章

RXマイコンでIDコードプロテクト機能を有効にしているが、ユーザ領域の書き込みを行うと、データ領域の値が消えてしまいます。

下記が考えられます。
・IDコードプロテクトの制御コードが消去に設定されている制御コードによっては、IDコードの認証を行わずにフラッシュを消去します。詳しくはマイコンのハードウェアマニュアルのフラッシュメモリの章を参照してください。
・USBブートモードで書き込みを行っている下記のマイコンは、USBブートモードで起動した場合、ID認証は行われず、ユーザ領域とデータ領域を全面消去します。ブートモードを使用してください。
 RX621, RX62N, RX630, RX631, RX63N, RX63T
※RX100シリーズ、RX200シリーズ、RX600シリーズ(RX64Mグループ)、RX700シリーズのUSBブートモードでは、IDコードプロテクト機能は有効になります。 詳細はマイコンのハードウェアマニュアルのフラッシュメモリの章を参照してください。

FL-PR6のご紹介

詳細については、弊社ホームページのFL-PR6をご確認ください。

FL-PR6とFL-PR5との機能や性能の比較

ルネサスホームページ 「PG-PP6 [PG-PP6とPG-PP5機能/性能比較]」を参照ください。

Q0140035メッセージ(FL-PR5/FL-PR6)

FL-PR5/FL-PR6/CS+(ラピッドスタート含む)が、起動(ラピッドスタート常駐) していると発生します。
Windowsのタスクトレイにある各アイコンを右クリックして終了をしてください。

フラッシュメモリプログラマFL-PR5/FL-PR6の接続方法

下記ドキュメントの接続例をご確認ください。
・FL-PR6のユーザーズマニュアルはこちら
  9. マイコン接続例
・FL-PR5のユーザーズマニュアルはこちら
  ユーザーズマニュアル 共通編
  8. ターゲットシステム設計に関する注意事項
なお、FL-PR5/FL-PR6が対応している通信方式(UART、FINE等)は下記ドキュメントをご確認ください。
 ・FL-PR6(PG-FP6) 対応マイコン一覧
 ・FL-PR5(PG-FP5) 対応マイコン一覧

フラッシュメモリプラグラマのチェックサム値の違い

チェックサムの計算方式は、フラッシュメモリプログラマにより異なる場合があります。具体的な計算方法については、ご使用されるフラッシュメモリプログラマのユーザーズマニュアルをご参照ください。
パートナ製フラッシュメモリプログラマの場合には、パートナ製フラッシュメモリプログラマのユーザーズマニュアルをご参照ください。

FL-PR6制御用アプリケーションについて

FL-PR6の制御用アプリケーションとして、プログラミングGUI「FP6 Terminal」が用意されております。
こちらよりダウンロードが可能です。

FL-PR5とプログラミングGUIのバージョンについて

FL-PR5のファームウェア、FPGA、プログラミングGUIのバージョンは、FL-PR5 フラッシュメモリプログラマ リリースノートの 第1章 製品バージョン に記載の組み合わせで使用してください。
・FL-PR6 使用上の留意点はこちら
  第4章 注意事項
・FL-PR5 使用上の留意点はこちら
  FL-PR5(以下 FP5)使用時の制限事項、注意事項

FL-PR6のコマンド制御

FL-PR6のUSBはPCのCOMポートとして認識されます。 PCからコマンド送信で制御を行いたい場合は、シリアル通信でコマンド送信が可能な汎用的な通信ソフトウェアを使用してくさい。
FL-PR6が接続されているCOMポート番号を指定していただくことで、通信ソフトウェア上からFL-PR6が持つ各種コマンドを実行することができます。

FL-PR5の最小単位書き込み機能について

RH850/F1Lへの「最小単位書き込み」機能は下記ツールニュースにてご案内したバージョンにて追加されております。ご確認いただき、アップデートをお願いします。
【リビジョンアップ】フラッシュメモリプログラマFL-PR5用ソフトウェア

FL-PR6/FL-PR5のスクリプト機能について

FL-PR6/FL-PR5用プログラミングGUIではスクリプト機能はございません。
通信コマンドを公開しておりますので、汎用の通信ソフトウェア等で、コマンド制御をお願いします。
なお、FL-PR6/FL-PR5本体とホストPCを接続し汎用の通信ソフトウェアからCOMポートを選択することでFL-PR6/FL-PR5を制御することが可能です。
・FL-PR6のユーザーズマニュアルはこちら
・FL-PR5のユーザーズマニュアルはこちら

FL-PR6/FL-PR5制御用アプリケーションの作成

FL-PR6/FL-PR5はホストPCと接続し、コマンド制御を行うことが可能です。また、FL-PR6/FL-PR5のリモートコネクタによる外部装置から信号制御が可能です。 制御用の通信コマンド、リモートコネクタへの信号制御については下記ユーザーズマニュアルを参照してください。
・FL-PR6のユーザーズマニュアルはこちら
  6. リモートコネクタの使用方法
  7. 通信コマンドの使用方法
・FL-PR5のユーザーズマニュアルはこちら
  ユーザーズマニュアル 共通編
  5. リモートコネクタの使用方法
  6. 通信コマンドの使用方法

RXファミリのチェックサムコマンドの対象領域

RX631(R5F56316:256KBタイプ)の場合、 FFF80000〜FFFFFFFF(512KB) を対象にチェックサムを行います。
FL-PR6/FL-PR5はRX631(R5F56316:256KBタイプ)が持つチェックサムコマンドを使用して、チェックサム値の算出を行っています。RX631(R5F56316:256KBタイプ)は各領域に対してチェックサム値を算出する仕様です。
ただし、ユーザ領域については256KB使用可能ですが、 チェックサムが取り扱う範囲は512KBになり、256KBを超える空間は初期値であるFFHを計算します。

RL78ファミリの通信ポート

FL-PR5 V2.13を使用した場合、セットアップダイアログの通信ポートは「UART」のみ表示されます。「UART」を選択いただければ「1 wire UART」として動作します。
なお、プログラミングGUI V2.14から通信ポートの表示が「1 wire UART」に変更しました。 機能の変更はありませんので、V2.14以降を使用する場合は「1 wire UART」を選択してください。

自己診断時にエラーが発生したら…

異常の検出内容から、ターゲットコネクタ、またはリモートコネクタの入出力信号に何らかの異常が発生しております。
両コネクタが未接続で本結果となる場合は故障と判断できますので、お手数ですがご購入店に修理のご相談をお願いします。

プログラミングエリアに保存されていたデータが消えてしまう。

次の操作を行った場合、全てのプログラミングエリアの情報が消去されます。
 •ファームウェアの更新•初期化
 •プログラミングエリア分割数を変更(FL-PR5の場合)

意図していないプログラミングエリアの設定が変化してしまう。

各プログラミングエリアの設定が保存されている「ESFファイル」が同じ場合、発生します。
「ESFファイル」をプログラミングエリア毎に作成してください。

FFhデータを補完する機能について

FL-PR5を使用してRH850/F1Lに対して書き込みを行う場合、通常はコードフラッシュ、データフラッシュに対し、FFhデータの補完を行います。 ただし、データフラッシュに対してのみ [セットアップ] ダイアログの [アドバンス] タブにある、[最小単位書き込み] にチェックすることで、FFhデータの補完を行わずに最小単位で書き込みを行うことができます。

スタンドアローン操作時のチェックサム表示

スタンドアローンのメッセージディスプレイ表示機能において、「Total sum」のみを表示する機能はございません。
お手数ですが、ENTERボタンを複数押してください。

メッセージディスプレイ(LCD)の外部出力

オプションバイト設定含むフラッシュオプションを読み出すコマンドを実行することにより、接続したマイコンから設定値を読み出すことが可能です。
・FL-PR6
 「FP6 Terminal」の「ターゲット」メニュー→「フラッシュオプションの取得」を実行
・FL-PR5
 プログラミングGUIの「デバイス」メニュー→「フラッシュ・オプションの取得」を実行
 「デバイス情報」メニュー→「フラッシュオプションを読み出す」を実行

オプションバイト設定の読み出し

オプションバイト設定含むフラッシュオプションを読み出すコマンドを実行することにより、接続したマイコンから設定値を読み出すことが可能です。
・FL-PR6
 「FP6 Terminal」の「ターゲット」メニュー→「フラッシュオプションの取得」を実行
・FL-PR5
 プログラミングGUIの「デバイス」メニュー→「フラッシュ・オプションの取得」を実行
 「デバイス情報」メニュー→「フラッシュオプションを読み出す」を実行

オプションバイト設定が読み出しできない

gosコマンドはV850E2シリーズに対応したコマンドとなります。RH850ファミリのデバイスからフラッシュオプション情報を取得したい場合は"gdi"コマンドを使用してください

RH850ファミリのオプションバイトのベリファイ

"FL-PR6の場合、FP6 Terminal V1.02.00から対応しています。FL-PR5の場合、対応しておりません。

【リビジョンアップ】 フラッシュメモリプログラマ FL-PR6用プログラミングGUI 「FP6 Terminal」 V1.02.00
"

RH850ファミリのオプションバイトの設定方法

GUI上の「オプションバイト設定」のOPBT0に任意の値に設定してください。(4バイト単位)設定値については、RH850ユーザーズマニュアルのオプションバイトの章をご参照ください。

書き込み時のRESET信号

FL-PR6/FL-PR5のRESET端子の信号制御においてLow信号の出力期間を変更する機能はございません。

RH850ファミリのID認証モード時のIDコード、セキュリティ設定の読み出し

対象マイコンがID認証モードで動作している場合、IDコード情報とセキュリティ情報は読み出すことができません.

セキュリティ設定の読み出し

78K0S/Kx1+のフラッシュメモリプログラミングモード仕様により、セキュリティ設定情報を取得することはできません。

設定ファイル内の[CHECKSUM]について

ESFファイル内に記載されている[CHECKSUM]の値は、プログラムファイルのチェックサムではありません。ESFファイル自身のチェックサムになります。異なるパラメータファイルを選択した場合や設定が異なる場合、ESFファイル内の内容が変化するため、[CHECKSUM]の値に差異が生じます。

チェックサムの照合について

「チェックサム照合機能」は.拭璽殴奪肇妊丱ぅ垢暴颪込まれているデータから計算したチェックサム値 FL-PR6/FL-PR5本体に保存されているプログラムファイルから計算したチェックサム値 の2つの値を照合し、一致/不一致の結果を表示します。

シンプルモード時のチェックサム

シンプルモードの場合、チェックサムコマンドを単独実行することはできません。本体ボタン操作でチェックサムコマンドを実行する場合、管理設定で動作モードを通常モードに切り替えてご使用をお願いします。

CSI通信のクロック信号

SCKが全く出力されていない場合、マイコンがCSI通信可能な状態でフラッシュプログラミングモードに遷移できていないことが考えられます。以下の内容についてご確認ください。FL-PR6/FL-PR5の電源供給設定 FL-PR6/FL-PR5の電源供給の設定が正しいか確認してください。異なる通信方式での動作 UARTによる書き込みも可能な配線になっている場合、CSIからUARTに設定変更して書き込めるか、確認してください。書き込みができた場合、FLMD0端子のパルス入力になんらかの問題があるか、FL-PR6/FL-PR5側のRxD、SCK信号ラインになんらかの問題があることが考えられます。Reset解除時のFLMD0, FLMD1のレベル FLMD1がFL-PR6/FL-PR5に接続されておらず、ボード上でも固定されていない場合、Lowと認識された場合には接続でき、Highと認識された場合には、接続できない状態になります。

通信設定の推奨値

"マイコンの推奨設定値については、下記ドキュメントを参照してください。
・FL-PR6 使用上の留意点 第4章 注意事項 http://sys.ndk-m.com/download/?id=1507680458-021793
・FL-PR5 使用上の留意点 FL-PR5(以下 FP5)使用時の制限事項、注意事項 http://sys.ndk-m.com/download/?id=1343698019-677533"

電圧供給時の電圧監視機能

FL-PR6/FL-PR5には、プログラミングGUI上の設定で"電源電圧を監視する"(FL-PR5の場合"電源モニタ")というチェックボックスがあります。このチェックが有効な場合、その上で設定を行うVCCに入力されている電圧値の±5%の範囲に収まっているかを確認し、範囲外の場合には、電圧供給は遮断され、異常が発生したことを通知します。

通信信号の監視

通信信号の電圧や信号のズレなどは監視していません。但し、FL-PR6/FL-PR5/とマイコン間のデータはパケット(データ長、チェックサム)でやり取りしています。通信信号のズレが発生した場合にはFL-PR6/FL-PR5/もしくはマイコン側でパケットのチェックサムのエラーを検出します。

プログラムファイルのフォーマットについて

FL-PR6/ではプログラムファイルのダウンロード時に、フォーマットのチェックを行っています。データが追加されたプログラムファイルは、不正フォーマットと判断され読み込むことはできません。

プログラミングエリアの分割数について

問題ありません。プログラミングエリアで2分割を選択した場合、最大2つの設定情報を本体に保持し、切り替えて使用することが可能です。

プログラムファイルの複数選択

FL-PR5の場合、1つのプログラムファイルを選択して書き込むまでの対応となるため、複数のプログラムファイルを設定することはできません。なお、FL-PR6の場合は、1つのプログラミングエリアに最大4つのプログラムファイルを設定でき、書き込むことが可能です。

スタンドアロン操作中にボタンが反応しない

プログラミングGUIの右上にある「モード:」がバンクモードになっていることが考えられます。バンクモードの場合、NEXT、ENTER、CANCELボタンがバンクモードの機能になります。その場合、管理設定でバンクモードのチェックを外すことで、「モード:」が通常モードになり、操作可能です。

ホットプラグイン機能について

"FL-PR6/FL-PR5はホットプラグインに対応しておりません。下記マニュアルの通り、ターゲットケーブル接続後ターゲット電源オンをお願いします。FL-PR6 フラッシュメモリプログラマ ユーザーズマニュアル4.6 FP6 Terminal を使用した作例 https://www.renesas.com/FL-PR6#documents



FL-PR5 フラッシュメモリプログラマ ユーザーズマニュアル 各マイコン編2. プログラミング GUI を使った操作例https://www.renesas.com/FL-PR5#documents"

ACアダプタの入力電圧

FL-PR6/FL-PR5用日本向けACアダプタのAC入力範囲は100V〜240Vに対応しています。

E10A-USB、FL-PR6/FL-PR5間の接続回路の互換性

E10A-USBはJTAG接続を使用しており、FL-PR6/FL-PR5が使用するSCI接続とは互換性ありません。FL-PR6 フラッシュメモリプログラマ ユーザーズマニュアル9. マイコン接続例https://www.renesas.com/FL-PR6#documentsFL-PR5 フラッシュメモリプログラマ ユーザーズマニュアル 共通編8. ターゲットシステム設計に関する注意事項https://www.renesas.com/FL-PR5#documents

USB接続からのコマンド制御

FL-PR5を使用したい場合は専用プログラミングGUIを使用した場合のみ、USB接続によるコマンド制御が可能です。専用プログラミングGUI以外の通信用アプリケーションを使用したい場合は、RS-232C接続を使用して制御を行ってください。

ターゲットケーブルの延長

添付のターゲットケーブルを延長すると、配線容量によるなまりや、外来ノイズの影響を受けやすくなるため推奨できません。延長せず添付のターゲットケーブルをご使用ください。※延長して使用した場合は動作を保証しかねます。

ターゲットシステム側のコネクタ

小型コネクタですが、E1エミュレータ用にこちらのようなものをご用意しています。FL-PR6/FL-PR5でもご利用いただけます。[R0E000010CKZ11 E1エミュレータ用小型コネクタ変換アダプタ] ※こちらはルネサス製品になります。

FL-PR5使用時のRXファミリ書き込み速度

"""参考になる測定結果がありましたのでご検討をお願いします。
(""""RX63T""""は""""RX631""""の最大動作周波数と最大ボーレートが同じ為、同等速度となります)
◆""""RX631(R5F5631P(512K+32K+16K))""""
・Fmax:100MHz/50MHz(Target OSC: 6.25MHz x16/x8)
・UART:1.563Mbps・対象ブロック:すべて消去 :5.5s 書き込み :9.5s ベリファイ:7.5s
◆""""RX651(R5F56519(1024K))"""" ・Fmax:120MHz(On Chip Oscillator: 16MHz)・VDD:3.3V
・対象ブロック:すべて・UART:2Mbps 消去:6s 書き込み:7.5s ベリファイ:.5s
・FINE-D:1Mbps 消去:6s 書き込み:37.5sベリファイ:21.5s"""

FL-PR5使用時のSuperHファミリ書き込み速度

「FDT+E8a (E8aDirect)」と「FL-PR5」では、通信仕様として、最大ボーレートが異なります。FL-PR5:1.25Mbpsまで対応•FDT+E8a:625Kbpsまで対応よって、「FL-PR5」を使用した方が速くデータ転送可能です。

FL-PR5使用時のRL78ファミリ書き込み速度

評価時の測定結果がありましたので参考にしてください。 FL-PR5 通信設定:UART 1Mbps 消去:2秒 書き込み:5秒 ベリファイ:4.5秒なお、RL78ファミリの場合、マイコンのハードウェアマニュアルのフラッシュメモリの章にも参考値の記載があります。

【FL-PR5とFL-PR6】書き込み速度検証時の設定

書き込み速度の検証は、下記条件で実施しております。•対象マイコン:"RH850/E1M-S2(320MHz)"•通信方式:2 wire UART•通信速度:設定可能な最大のボーレート ◦FL-PR5 Mbps(MAX)◦FL-PR6 2.5Mbps(MAX)なお、"RH850/E1M-S2(320MHz)"に対して、最速で書き込みを行う方法はCSI 5Mbpsになります。書き込み時間は16秒になりますので参考にしてください。CSIの書き込み時間についてはFL-PR5とFL-PR6は同等となります。

【FL-PR5とFL-PR6】書き込み速度の違い

RH850/F1Lの書き込み速度について、下記条件で測定しました。・対象マイコン:"RH850/F1L(R7F701007:2048K+32K+32K)"・動作クロック:外部クロック 8MHz◆FL-PR5 ・CSI 2.5MHz(MAX) 書き込み:10秒 ・2 wire UART 2Mbps(MAX) 書き込み:14秒 ・1 wire UART 1Mbps(MAX) 書き込み:25秒◆FL-PR6 ・CSI 2.5MHz(MAX) 書き込み:8.5秒 ・2 wire UART 2Mbps(MAX) 書き込み:13秒 ・1 wire UART 1Mbps(MAX) 書き込み:24秒

FL-PR6/FL-PR5で書き込み時の保証範囲

ルネサスの提供する書き込みツールは、「マイコンが定義する書き込み仕様に合致した仕様で設計し、また書き込み仕様と合致していることを検証したもの」です。注意としては、書き込みツールが制御できない条件(電源電圧、温度、ノイズ 他)は、すべてユーザ責任であり、すべての条件がマイコン仕様に合致している場合のみ、正常に書き込みができます。量産適用可否の判断は使用者であるユーザ責任の元で判断をお願いしております。

ERROR:017メッセージ(FL-PR6、FL-PR5)

"ターゲットデバイスに設定されているIDコードとGUIアプリで設定したIDが一致していないために、ERROR:017のメッセージが出力されています。GUIで、ターゲットデバイスに設定されたセキュリティID を設定してください。ターゲットデバイスのIDコード詳細につきましては、下記のユーザーズ・マニュアルをご参照下さい。・RX24Tグループ ユーザーズマニュアル ハードウェア編 36.フラッシュメモリなお、FL-PR6/FL-PR5のエラーメッセージに対する対策方法は、下記のユーザーズ・マニュアルに記載されています。・FL-PR6 フラッシュメモリプログラマ ユーザーズマニュアル・FL-PR5 フラッシュメモリプログラマ ユーザーズマニュアル 共通編
・FL-PR6 ユーザーズマニュアル http://sys.ndk-m.com/download/?id=1507680458-021793
・FL-PR5 ユーザーズマニュアル http://sys.ndk-m.com/download/?id=1343698019-677533
"

FL-PR6/FL-PR5の対応マイコン

"FL-PR6/FL-PR5が対応しているマイコンは下記ドキュメントを参照してください。
•FL-PR6(PG-FP6) 対応マイコン一覧
https://www.renesas.com/pg-fp6#documents
•FL-PR5(PG-FP5) 対応マイコン一覧
https://www.renesas.com/pg-fp5#documents
"

FINE通信時の通信速度設定

"通信速度設定で選択可能なボーレートはすべて対応していますので1Mbpsでも通信可能です。なお、入力周波数やMultiplierの設定について、下記マニュアルをご参照ください。
・FL-PR6 使用上の留意点 第4章 注意事項 http://sys.ndk-m.com/download/?id=1507680458-021793
・FL-PR5 使用上の留意点 FL-PR5(以下 FP5)使用時の制限事項、注意事項 http://sys.ndk-m.com/download/?id=1343698019-677533"

通信波形の歪みについて

通信波形の歪みの原因は、ケーブルやボードの抵抗成分や容量成分の影響などが考えられます。 通信設定にUART通信を選択した場合、波形のスタートビットを起点に必要なビット数のセンタを有効データとして読み込みます。 例えば、1Mbps使用時、ビットusよりボーレート誤差を考慮しても約10ns程度の"なまり"であれば通信には影響はありませんが、 もし、"なまり"が大きくなった場合、ビットが正しく読み取れずエラーとなってしまいます。 その場合はボーレートを落とすことで対処してください。

E1エミュレータとFL-PR5/FL-PR6接続回路の互換性

E1エミュレータのユーザーズマニュアルに記載の接続回路例であれば、そのままFL-PR5/FL-PR6を接続、書き込み可能です。

E1エミュレータ/FL-PR5/FL-PR6接続回路の端子処理

"•FL-PR6 フラッシュメモリプログラマ ユーザーズマニュアル 9.マイコン接続例 http://sys.ndk-m.com/download/?id=1507680458-021793 フラッシュメモリプログラマ ユーザーズマニュアル 共通編 8.ターゲットシステム設計に関する注意事項
•E1エミュレータはルネサスエレクトロニクスのホームページを参照してください。
https://www.renesas.com/e1#documents"

FL-PR6の貸出しについて

ございます。弊社営業または特約店にご依頼ください。https://www.renesas.com/contact/

FL-PR6/FL-PR5用ソフトウェアの旧バージョン

"旧バージョンは下記URLよりダウンロードが可能です。
・FL-PR6 http://sys.ndk-m.com/download/?id=1507680458-021793
・FL-PR5 http://sys.ndk-m.com/download/?id=1343698019-677533
"

FL-PR6/FL-PR5海外対応

日本国内でFL-PR6/FL-PR5を購入する場合、各国で規制が異なるため、仕向け地域以外への販売はできません。また、タイ向けのFL-PR6/FL-PR5はありません。日本製品以外のFL-PR6/FL-PR5がタイで使用できるかについては、各地域の電源に関する規制に依存すると考えます。このため、詳細はタイをサポートしているルネサスシンガポールの窓口に、お問い合わせをお願いします。ルネサスシンガポールの窓口https://www.renesas.com/sg/en/support/contact.html

FL-PR6/FL-PR5の英語版ユーザーズマニュアル

"英語版ユーザーズマニュアルは弊社の製品と同等品のルネサス製品の海外向けWEBサイトにをご参照ください。
•FL-PR6(PG-PG6) https://www.renesas.com/us/en/products/software-tools/tools/programmer/pg-pg6.html#documents 
•FL-PR5(PG-PG5) https://www.renesas.com/us/en/products/software-tools/tools/programmer/pg-pg5.html#documents"

マイコン移行に伴うフラッシュ書き込みツール

RX63Nに対応したフラッシュ書き込みツールとして以下があります。•FL-PR6(スタンドアロンタイプ)•(書き込みソフト)これらはRX63Nの動作モードをブートモードにして書き込みを行います。 特長やシステム構成について下記サイトをご確認ください。

FL-PR5用パラメータファイルの入手方法

"FL-PR5のダウンロードサイトよりパびプログラミングGUIのダウンロードが可能です。
•FL-PR5のダウンロードサイトhttps://www.renesas.com/FL-PR5#downloads
パラメータファイルのダウンロードはルネサス エレクトロニクス社の同等品PG-FP5用をご確認ください。
•FL-PR5(PG-PG5) https://www.renesas.com/us/en/products/software-tools/tools/programmer/pg-pg5.htm"

FL-PR6/FL-PR5用ソフトウェアの言語選択

FL-PR6/FL-PR5/用/フラッシュ開発ツールキット(FDT)ソフトウェアの言語はインストールされた環境のOSに依存します。英語版Windows環境へインストールした場合、ソフトウェアは英語表記になりますが、日本語表記に切り替える機能はございません。日本語版Windows環境を用意いただき、インストールをお願いします。

FL-PR6/FL-PR5の対応言語

FL-PR6/FL-PR5用ソフトウェアは日本語OSと英語OSに対応しています。その他の言語のOSは動作検証しておらず、動作保証できません。https://www.renesas.com/support/contact.html

消去と書き込みを行った場合の消去対象となる領域について

消去や書き込みの対象領域はプロジェクトで指定した範囲となります。対象外の領域はそのままの状態を保持します。

FF補完機能のON/OFF

プログラムファイルの空き領域に対して0xFFを補完する/しないを選択可能です。ただし、FL-PR5の場合はデータフラッシュに対してのみ補完する/しないを選択可能です。その他の領域は常に補完します。

FL-PR5とFL-PR6間の互換性について(コマンド制御)

基本的にご使用いただけますが、十分評価の上、ご使用をお願いします。

FL-PR5とFL-PR6間の互換性について(電源電圧供給機能)

FL-PR6とFL-PR5の電源供給能力は同等です。

FL-PR5とFL-PR6間の互換性について(接続回路、GUI)

FL-PR6はピンアサインや制御コマンドなど、FL-PR5と同等の物となっております。基本的には互換性があり使用可能です。ただし、対応しているマイコンが異なるため、ご注意ください。十分評価の上、ご使用をお願いします。

FL-PR5からFL-PR6へ環境を移行した場合の注意点について

"◆GUIについて→FL-PR5とFL-PR6はそれぞれ専用のプログラミングGUIが用意されておりますので、使用するツールに合わせて対応するGUIを使用してください。FL-PR6用GUIのメインウィンドウのメニュー、アイコン等の画面構成について、互換性があります。◆パラメータファイルについて→FL-PR6ではGUIの中にパラメータファイルが含まれています。そのため、FL-PR5使用時のようにパラメータファイルを別途ダウンロードする必要はありません。◆設定ファイルについて→FL-PR6はFL-PR5で作成した設定ファイルをインポートする機能があります。インポートすることでFL-PR6用設定ファイルとしてご使用いただけます。◆接続回路について→FL-PR5及びFL-PR6にマイコンを接続する際の接続回路は共通の仕様となっております。そのため、ターゲット側の回路構成を変更する必要はありません。◆対応マイコンについて→FL-PR5とFL-PR6では対応しているマイコンに差異があります。書き込み環境をFL-PR5からFL-PR6に移行する場合、対応マイコンの確認をお願いします。その他、FL-PR5とFL-PR6の機能差分について、下記WEBサイトをご確認ください。
・PG-FP6 [PG-FP6とPG-FP5機能/性能比較] 
https://www.renesas.com/jp/ja/products/software-tools/tools/programmer/FL-PR6-functional-comparison.html"

書き込み時にターゲット側のハードウェア異常を検出する機能はありますか。

はんだ不良など、ターゲット側のハードウェアの異常を検出する機能はありません。※異常発生個所が・通信に影響が出る部分・電源電圧に影響が出る部分であった場合、「通信エラー」や「異常電圧検出エラー」としてエラーを検出する場合もありますが、本件のようなハードウェアの異常を検出することが目的の物ではありません。

プログラムファイルダウンロード時のエラーメッセージについて

本メッセージはプログラムファイルのフォーマットに異常がある場合に発生します。("invalid character" "Aborted in line ○○○○")と出力された場合、○○○○行目のデータにフォーマット異常が検出されたことを表しています。

オプションバイトの設定方法

RL78ファミリ/RXファミリのオプションバイトはコードフラッシュの一部領域にマッピングされています。コンパイラ等でオプションバイトの値を含めてプログラムファイルを作成いただき、それをプログラマでマイコンへ書き込むことでコードフラッシュに含まれるオプションバイトも書き込む方法となります。

書き込み時のプログラムファイルについて

"FL-PR6/FL-PR5の対応しているプログラムファイルのフォーマットについては、下記ドキュメントを参照してください。FL-PR6 フラッシュメモリプログラマ ユーザーズマニュアル1.6 プログラムファイルフォーマット http://sys.ndk-m.com/download/?id=1507680458-021793
FL-PR5 フラッシュメモリプログラマ ユーザーズマニュアル 共通編 用語説明 http://sys.ndk-m.com/download/?id=1343698019-677533"

書き込み回数のカウント

"FL-PR6/FL-PR5のGUIソフトでは書き込みの回数をカウントする機能はございません。
FL-PR6はFL-PR6 ギャングプログラマを使用する事により、 FL-PR6 の実行状態やパス/エラー回数を表示が可能です。"

FL-PR6/FL-PR5本体を接続せずに設定ファイルを作成・変更する方法

FL-PR5の場合、設定ファイルを作成、変更する場合、必ずFL-PR5本体をホストPCに接続する必要があります。FL-PR6の場合、FL-PR6本体をホストPCに接続しなくても、設定ファイルを作成、変更可能です。

FL-PR5は購入できますか?

"FL-PR5はEOL製品です。後継品のFL-PR6をご検討ください。
※FL-PR6は(ターゲットケーブル[16pin]、RS232Cケーブル)が付属しておりません。
※FL-PR6はルネサス エレクトロニクス社の同等品PG-FP6用と同じ対応状況になります。
 最新対応状況はルネサス エレクトロニクス社のWEBにてご確認ください。"

FL-PR6/FL-PR5はWindows7で使用出来ますか?

"FL-PR5はEOL製品です。後継品のFL-PR6をご検討ください。
※FL-PR6は(ターゲットケーブル[16pin]、RS232Cケーブル)が付属しておりません。
※FL-PR6はルネサス エレクトロニクス社の同等品PG-FP6用と同じ対応状況になります。
 最新対応状況はルネサス エレクトロニクス社のWEBにてご確認ください。"

WL-PR6/FL-PR5はWindows Embedded OSで使用出来ますか?

"FL-PR6/FL-PR5ともに非対応です。
対応OSはFL-PR6/FL-PR5のユーザーズマニュアルを参照してください。"

コントロールソフトは外国語対応していますか?

インストールするパソコンのOS言語が日本語の場合は日本語、日本語以外の場合は英語の表示になります。

現在検討しているマイコンはFL-PR6/FL-PR5で使用できますか?

インストールするパソコンのOS言語が日本語の場合は日本語、日本語以外の場合は英語の表示になります。

ギャング書き込みは出来ますか?

"FL-PR6はV1.03以降をインストールする事により、FL-PR6 ギャング書き込みソフトが使用出来ます。 最新にバージョンにアップしてご使用ください。 その際、FL-PR6はギャング書き込み数と同じ台数が必要になります。 FL-PR5はギャング書き込みソフトFW-GFP(※)またはプログラマブルコントローラなどで実現可能です。 その際、FL-PR5はギャング書き込み数と同じ台数が必要になります。 ※FW-GRPにはV850、R8C、RL78、RX、SHファミリでチェックサム関連の制限がございます。  詳細は販売代理店または弊社インフォメーションにお問い合わせください。 ※FL-PR5、FW-GRPはEOL製品です。"

プログラムのセキュリティが気になります。

"FL-PR6/FL-PR5はセキュリティ設定が可能で、本体内のプログラムを保護することができます。
マイコンのセキュリティについては各マイコンのデータシート等でご確認ください。"

特定領域にデータを書込みたい

"ブロックモードを選択し、ブロックNoまたはアドレス範囲を指定してください。
※「ダウンロード前にクリアする」が設定されていると無効になります。
データを上書きしたい場合は下記の手順が必要です。
 1.チップモードでHEXファイルをダウンロード
 2.プログラムを書込み
 3.ブロックモードで上書きしたいデータの領域を指定して書き込む"

R8C KITを使用していて、同じマイコンをFL-PR5(標準パラメータを使用)マイコンに使用したらチェックサムが異なっていますが?

"同じR8CファミリのマイコンでもR8C KIT (Ver.A2)と通常のFL-PR5(Ver.D18以降)とでは、チェックサム計算方式(CRC32)の結果が異なります。
※FL-PR5、R8C KIT、M16C KITはEOL製品です。"

動作がおかしいのですが、原因はプログラムでしょうか、それとも本体でしょうか?

"動作がおかしい場合は自己診断機能で原因の切り分けを行ってください。

 <自己診断機能>
  FL-PR5ユーザーズマニュアル 
   4. FP6 Terminal の使用方法
    4.4.2 [プログラマ]メニュー
     4.4.2.6 [自己診断]…コマンド

 <自己診断機能>
  FL-PR5ユーザーズマニュアル 
   第4章 プログラミングGUIの使用方法
    4.3.2 [プログラマ(P)]メニュー
     (6)[自己診断(T)…]コマンド

  コマンドを実行し、「正常」の結果が得られなかった場合は故障の可能性が高いです。
  ご購入店に修理のご相談をお願いします。"

その他のトラブルへの対処法は?

"FL-PR6/FL-PR5ユーザーズマニュアル
第10章「トラブル対処法」をご参照ください。
それでも解決できない場合は、こちらよりお問い合わせください。"

"未配線のFA-Bシリーズと、配線済みのFA-RXシリーズについて教えてください。
"

"FA-RXシリーズは、対象マイコン専用の製品になります。FAシリーズ適合表を参照してください。
FA-Bシリーズは、お客様で配線を行うタイプになります。FAシリーズ適合表をのパッケージを確認いただき、お客様にて配線にて使用してください。詳しくはユーザーズマニュアルを参照して下さい。
※FA-B、FA-RX : 鉛フリーハンダ、16ピンターゲットインターフェースコネクタになります。
※FA-A、FA-MX はEOL製品です。"

"オフボード書込みをしたいのですが、プログラム・アダプタ適合表には対象マイコンのFAがありません。
今後対応予定はあるのでしょうか?"

"誠に申し訳ございませんが現在WEBに公開されているもの以外に対応予定はなく、カスタムによえう有償にて対応をさせていただきます。
(マイコンによっては基板開発からになる場合がございます。)
詳しくは代理店もしくは弊社インフォメーションにお問い合わせください。"

FAでオンチップデバッガ E1 や E20 で書込みは出来ますか?

プログラム・アダプタ適合表において、ご使用予定 FA の右「対応ライタ」欄をご確認いただき、E1の場合は ルネサスエレクトロニクス社のアダプタ 「QB-F14T16-01」、 E20では 「QB-F14T16-01」 と 「R0E000200CKA00」 をご用意ください。

FAで使用されているICソケットの耐用回数を教えてください。

"FAにて使用している、ICソケットメーカーでの公称耐用回数は、1万回とされています。
※FA製品は、初期不良を除き保証対象外品です。
 ソケットピンの欠損等が生じた場合の修理等は行っておりません。新しいFAをご購入ください。
※将来的にEOLとなるFA製品もございますので、ご購入時に予備品をご購入いただくことをお勧めいたします。"

書き込みたいデバイスが単一電源フラッシュマイコンか、二電源フラッシュマイコンかが分かりません。

"基本的見分け方として、フラッシュメモリ・プログラミングに使用する端子に
 ・Vpp端子がない場合、単一電源フラッシュマイコン
 ・Vpp端子がある場合、二電源フラッシュマイコン
となります。
詳細はデバイスのユーザーズマニュアルかルネサス エレクトロニクスにお問い合わせください。
"

二電源フラッシュマイコンに対応したFAはありますか。

FA-Aシリーズ、その他の二電源フラッシュマイコン対応しておりましたが、全てEOL製品です

FAアダプタを買ったのですが結線方法がわかりません。

"FAアダプタとFL-PR6/FL-PR5とのインターフェースはユーザーズマニュアルのインターフェース回路例をご覧ください。
各デバイスの端子処理についてはデバイス・ユーザーズマニュアル、データシートをご参照になるか、ご購入先の販売店とご相談ください。 "

FAアダプタに任意のクロックを供給したいのですが?

FL-PR6/FL-PR5から供給できないクロックを与えたい場合 は発振回路(コンデンサ、水晶振動子等)をFAアダプタに実装して下さい。 (FAに発振回路を実装した場合はCLK信号をオープンにして下さい。)

ターゲット・インターフェース回路例はありますか?

FL-PR6/FL-PR5とのインターフェースはユーザーズマニュアルのインターフェース回路例をご覧ください。

オン・ボードで書き込みを行いたいのですが、書き込み動作時以外の各信号のレベルを教えてください。

"ターゲット・ボード上にクロック及び電源を実装している場合以下のようになります。
シリアル信号(SI,SO,SCK)はターゲット・ボードのVDDによりプルアップされますので、ターゲット・ボードに電源の入った時点でHIGH(ターゲット・ボードのVDD)レベルになります。
RESET信号は書き込み中以外はLOWレベルになっていますので、フラッシュ・マイコンはリセット状態になります。
Vpp信号は書き込み中以外はLOWレベルになります。 "



一覧に戻る

▲このページの上部へ戻る

株式会社内藤電誠町田製作所 システム機器事業部 TEL:042-750-4172
お問い合わせ&資料請求