HOME > 製品紹介(PV遠隔監視システム関連製品) > PV遠隔監視システムの必要性

製品紹介

PV遠隔監視システムの必要性

PV遠隔監視システムの必要性
弊社の監視システムは、ストリング単位の発電量・パワーコンディショナ情報・メータ情報・気象データを監視することにより、発電量の低下(不具合)を早期に発見できます。
ストリング計測機能付き接続箱をはじめとし各種センサー類などのハードウェアだけでなく、インターネット環境を利用した遠隔監視ソフトウェアをご提供いたします。

PV遠隔監視システム構成例

●太陽光発電システムは、日々の運用管理とメンテナンスが重要です。
大規模なソーラー発電事業では、発電した電力を売電することにより、長い時間をかけて投資が回収されます。
しかし太陽光パネルの故障などで発電量が低下してしまうと、たとえそれが全体の中でわずかな量であっても長期間放置すれば大きな損失につながってしまいます。
予定していた発電量が得られないことは、事業主様にとって死活問題ですから、「可能な限り多く、長く発電させる」ことが、システムには要求されます。
これはつまり「故障をいかに早く復旧させられるか」ということですから、太陽光発電システムには日々の運用管理とメンテナンスが欠かせないことがわかります。
●もしパネルの故障を放置した場合、どれくらいの損失になるのでしょう?
まず研究機関などの統計では、太陽光パネルの故障発生率は年 0.4%程度だといわれています。
標準的な 1MWサイトでは、使用するパネル数が 4,000枚程度になりますから、1年間で 16枚程度が故障する計算になります。
また太陽光パネルの稼働率は、24時間365日の全国平均で おおむね 12%程度が標準です。
では、例えば 250W (0.25kW) のパネル 16枚の不良を1年間放置した場合、その損失金額は、

16枚 × 0.25kW × 24h × 365日 × 12% × 32円/kWh(売電単価*) = 約 13.5万円/年

となり、仮に20年間何もせず放置した場合は、毎年 0.4%のモジュールが故障していきますので最終的には300枚以上のパネルが故障した状態になり、損失の累計額は実に 2,250万円以上に達してしまいます。
※2014年現在の売電単価は 32円/kWh。11年目以後 24円/kWhに下がった場合で試算。

しかも発電量の低下原因はパネルの故障以外にも、周辺機器の故障、パネル表面の汚れ、樹木による日陰や落ち葉などの障害物といった様々なものがあります。
●膨大なパネルの中から、問題のあるパネル1枚をすぐに突き止められますか?
従来の遠隔監視システムでは、パワーコンディショナからの情報を元にした、「総発電量」による管理手法が主流でした。
この方式ではシステム全体の発電量が低下したとしても、それは天候の変化によるものかもしれず、機器類の故障とはすぐに区別がつけられません。
従って、膨大な数のパネルの中から故障を探しあてるには、パネルを一枚ずつ点検していくしかないのです。
これでは当然効率は上がりませんから、復旧に時間がかかるだけでなく、メンテナンスにも大きなコストがかかってしまいます。
●ストリング単位で発電量を監視するシステムで、損失やメンテナンスコストを大幅に削減!
そこで当社は、ストリング単位で発電量を監視するシステムを開発しました。
このシステムでは、ストリング単位でそれぞれの発電量を比較するため、パネルの不具合のような小さな発電量の低下であっても検出が可能です。
当社システムを導入することで、問題がある個所を早期に発見・対処できるようになり、損失を最小限に抑えることが期待できます。

ストリング異常の例

これは16ストリングにおける日別電流量グラフの例です。
16ストリングを重ねて表示しており、逸脱した箇所を検出してアラームが発生しました。
この例ではパネル周辺の雑草が伸び、太陽光が当たらないパネルの発電量が低下していたことがわかりました。

●より柔軟なシステム・運用環境をご提供します。
当社システムは、パワーコンディショナ情報・メータ情報、さらには気象データまでも監視する機能がありますので、よりきめ細かな情報分析や運用・管理を実現するポテンシャルを持っています。
お客様のニーズに合わせ、ハードウェア・ソフトウェアともシステムの構成変更には柔軟に対応可能ですので、お気軽に当社までご相談ください。

協業会社様募集

当社では協業会社様を募集しております。
発電事業者様に限らず、保守・メンテナンス業者様や遠隔監視システム業者様など、広く募集しております。
詳しくはこちらまでお問い合わせください。
●設置事例 内藤電誠町田製作所 甲府工場
●関連製品

ストリング監視機能付 接続箱

ストリング監視機能付 接続箱
ストリング監視機能付 接続箱
ストリング単位での発電量の監視が可能な接続箱です。
太陽光パネルの異常やその他の発電ロスを早期に発見することができます。
用途により様々な種類の接続箱を用意しております。
詳細ページへ

PV遠隔監視システム

PV遠隔監視システム
PV遠隔監視システム
遠隔監視システムで、早期に異常を発見できます。
総発電量や売電量、各ストリング発電量の比較などが可能です。また、計測データをCSV出力できます。
今後、異常通知機能なども搭載予定となっております。
詳細ページへ

一覧に戻る

▲このページの上部へ戻る

株式会社内藤電誠町田製作所 システム機器事業部 TEL:042-750-4172
お問い合わせ&資料請求