HOME > 製品紹介(ビル、大型店舗等で電力見える化)

製品紹介

ビル、大型店舗等で電力見える化

電力見える化とは普段使っている電力を数値化することです。

電力は普段どのくらい使っているかは分からないものですよね。だから、使いすぎたり、無駄な電力を使っても気づかないものです。
電力を見える化することで普段の電力の使用量が分かります。そこから、無駄な電力の発見、節電意識の向上につながります。



===ビル・大型店舗の電力見える化===

・エリアごとの電力見える化
 弊社が提供する電力見える化システムは無線なので設置工事が簡単です。
 室内灯や空調、デスク周りの電化製品等の電力の見える化ができます。
 電力を見える化することで、エリアごとの節電目標の設定、無駄な電力の発見ができます。
  
・デマンド監視機能
 ご存知の通り、契約電力量料金は過去1年間の各月の最大需要電力(デマンド)のうちで最も大きい値で契約されます。
 つまり、最大需要電力(デマンド)を抑えることができれば、契約電力量料金を抑えることができます。
 デマンド監視機能は、キュービクルからのパルスを検出してデマンド値を測定します。
 このデマンド値が目標値に近づくと警報でお知らせします。
 警報が上がったら使用電力量を抑えましょう。これで契約電力量料金を抑えることができます。 

 弊社が提供する電力見える化システムはデマンド監視機能もあります。
 電力量料金の削減、節電を考えている方、電力見える化システムの導入をご検討してみてはいかがでしょうか。

※上記イメージは電力見える化システム導入例と電力見える化製品のご紹介です。

エコミエライト(電力見える化ソフト)

  • エコミエライト(電力見える化ソフト)
  • エコミエライト(電力見える化ソフト)
  • エコミエライト(電力見える化ソフト)
    デマンド値や機器毎の電力使用実績を見える化!
    エコミエライト(電力見える化ソフト)を使えば、無線電力測定ユニットや無線電力測定タップが測定したデータをグラフ化します。また、パルス入力機能を備えた無線電力測定ユニット(PM-201-RFU-1S)を使用してデマンド監視が行えます。
    ※エコミエは株式会社内藤電誠町田製作所の登録商標です。
詳細ページへ

PM-400-LAN-2

  • 電力測定ユニット
  • 電力測定ユニット
    電流センサーによる電力測定、サーミスタによる温度計測が可能です。さらにパルス検出器に対応しているのでデマンド監視に最適です。また、デジタル出力も備えているので、装置のコントローラーとしても使用できます。インタフェースとしてLANにも対応しているのでM2Mでの遠隔操作も可能です。
詳細ページへ

PM-200-RFU-1MA ・ PM-201-RFU-1M

  • 無線電力通信ユニット
  • 無線電力通信ユニット
    無線通信で無線電力測定ユニット・タップから測定データを取得してサーバやPCへデータを蓄積します。無線により配線工事が簡単なので、デパートやオフィスなどのBEMSに最適です。WANタイプ、LANタイプを用意、使用環境に合わせて選択できます。
詳細ページへ

PM-200-RFU-1SA ・ PM-201-RFU-1S

  • 無線電力測定ユニット
  • 無線電力測定ユニット
    電流センサーによる電力測定、内蔵センサーによる温湿度測定、外部サーミスタによる温度測定が可能。また、パルス入力に対応しているので、パルス検出器によるデマンド監視が可能です。CT3chタイプとCT、サーミスタ、パルス入力、デジタル出力各1chタイプの2製品を用意しています。
詳細ページへ

PM-234-RFU-2SAC100

  • 無線電力測定タップ
  • 無線電力測定タップ
  • 無線電力測定タップ
    ビュータップは接続された家電製品の消費電力を測定できるスマートタップです。さらに遠隔で電源OFFが可能なので、省エネ対策に最適です。測定データはUHF帯無線通信により無線電力通信ユニットに送られ、エコミエライトで観測できます。
詳細ページへ

PM-101-UAR-1AC100N

  • 電力測定モジュール
  • 電力測定モジュール
    家電製品などの電源ラインに組み込んで、消費電力の測定が可能です。ECO家電などの消費電力が気になる製品に最適です。測定データは一般的なCPUのインタフェースであるUARTに対応しているので、さまざまな製品でお使いいただけます。
詳細ページへ

▲このページの上部へ戻る

株式会社内藤電誠町田製作所 システム機器事業部 TEL:042-750-4172
お問い合わせ&資料請求