HOME > 事業紹介(VLCソリューション)

VLC(可視光通信)ソリューション事業紹介

VLC(可視光通信)とは

VL-100-USB-3R
●VL-100-USB-3R と VL-100-3T

VLC(Visible Light Communication)とは、LED光源を高速に点滅させ、データを送信する技術。人の目には感じられない程のスピードで点滅するため、日常生活で利用されている様々な「灯り」を活用できます。
弊社では、受信機と送信機の評価キットをご用意しております。 VLCの概念
●VLCの概念


●可視光通信の特長
  • ユビキタス
    照明機器、デジタルサイネージ、テレビ、交通信号のようにインフラとして理想の場所(見える場所)に設置されている「LED光源」を利用可能
  • セキュア
    到達範囲が見える、盗聴対策が容易
  • 場所や物の特定が容易
    可視光なので光源特定が容易、メンテナンスが容易
  • デザインや美観を損ねない
    既存照明への追加が可能で外観の変更を伴わない
  • 人体や電子機器に悪影響を与えない
    可視光は人体にとって無害である、強度発光していた場合には知覚できる
  • 電波法の規制を受けない
    3x1012Hz 以下の電磁波は各国で規制対象となっているが、 380nm〜780nmの可視光(≒1014Hz)は免許不要で使用できる
  • 通信仕様の標準化
    2013年5月 JEITA規格制定(CP-1223)、6月 IECで同規格の標準化を提案中
Regulation
●使用波長領域


▲このページの上部へ戻る

株式会社内藤電誠町田製作所 システム機器事業部 TEL:042-750-4172
お問い合わせ&資料請求